お使いのブラウザが古いことを検出しました。 特定の機能にアクセスできない場合があります。 ブラウザを更新する

教育研修に関するお問い合わせ

研修後に期待できること

  • IATF 16949:2016と5つのコアツールの繋がりを説明できる。
  • APQPの5つのフェーズとコントロールプランを説明できる。
  • 製品計画から量産までの計画策定とプロジェクトチーム編成を行える。

研修の概要

  • APQP 先行製品品質計画の流れ
  • フェーズ1 プログラムの計画及び定義
  • フェーズ2 製品の設計及び開発
  • フェーズ3 プロセスの設計及び開発
  • フェーズ4 製品及びプロセスの妥当性確認
  • フェーズ5 フィードバック評価、是正処置
  • コントロールプラン

選択できる受講形態

【臨時公開研修】【講師派遣】

研修の対象者

製品開発プロジェクト担当者・IATF 16949事務局・IATF16949内部監査員・第二者監査員・営業・製品設計開発担当者・製造工程設計担当者・品質管理/品質保証担当者・FMEA/MSA/SPC/PPAP実務担当者・自動車産業に限らず鉄道産業・航空宇宙産業・農業機械産業・建設機械産業における製品設計開発/品質管理/品質保証関係者・ISO 9001事務局など

研修の期間

1日間 (CPD: 6時間30分)

研修の開始・終了時間

【公開研修】 9:20-17:00

研修の定員

12名

受講料

【公開研修】1名様 ¥35,000(税抜き)

その他ご留意事項

事前にIATF 16949:2016 規格解説とコアツール概要解説をご受講いただくことをお奨めします。

受講前後のおすすめ研修コース

ビジネス アシュアランス 教育研修

ロイド レジスター 教育研修の研修コースをご利用いただくことによってマネジメントシステムの知識レベルを向上させ、組織のパフォーマンス改善に繋げることができます。おすすめの研修コースについてはこちらをご覧ください。

お問合せ

受講形態

  • 臨時公開研修
  • 講師派遣
教育研修に関するお問い合わせ

検索するにはEnterキーまたは矢印キーを押してください 検索するにはEnterキーを押してください

検索アイコン

何をお探しですか?