お使いのブラウザが古いことを検出しました。 特定の機能にアクセスできない場合があります。 ブラウザを更新する

IoT、AI、ビッグデータを根幹とした技術革新(第 4 次産業革命)を迎えようとしている現在、情報漏洩に対する危機意識を高め、情報セキュリティ対策の強化に取り組むことがますます求められています。

情報漏洩の主な発生原因と指摘される「人の情報漏洩に対する危機意識の薄さ」 を改め、懸念される情報漏洩リスクを回避するためには、企業における情報セキュリティマネジメントシステム、および情報セキュリティガバナンスの構築が有効です。

 

Society 5.0 時代に向けた
情報セキュリティマネジメントシステムの活用

講演者:

寺田 和正 審査員
[ロイド レジスター品質・環境・情報セキュリティ審査員]

講演内容:

  • 組織を取り巻く状況
  • 情報セキュリティにおいて考慮すべき社会の動向
  • ISO/IEC 27001 情報セキュリティマネジメントシステムの概要
  • ISO/IEC 27001 情報セキュリティマネジメントシステム活用のポイント
  • ロイド レジスターが提供するサービス

 

講演者について

寺田 和正
[ ロイド レジスター 品質・環境・情報セキュリティ審査員 ]

早稲田大学理工学部卒。企業向け情報システムなどのビジネスアプリケーションの開発に携わった後、1998年より、ISO 14001、ISO 9001、ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)、JIS Q 15001(個人情報保護)等のマネジメントシステムの導入および運用支援業務を経験。2007年6月よりロイド・レジスター・クオリティ・アシュアランスにて、ISMS、QMS、EMS等の研修講師、審査員を務める。ISO 14001, ISO 45001 IRCA承認審査員研修講師。著書に、「見るみるJIS Q 15001」、「見るみるISO14001」、「見るみるISO9001」(共に日本規格協会、共著)等

 

本映像は2020年2月13日、日本橋カンファレンスセンター(東京)で開催したセミナーを収録したものです。




提供サービスについてのお問合せ

検索するにはEnterキーまたは矢印キーを押してください 検索するにはEnterキーを押してください

検索アイコン

何をお探しですか?