お使いのブラウザが古いことを検出しました。 特定の機能にアクセスできない場合があります。 ブラウザを更新する

IATF 16949 教育研修

12件中1-10件を表示
関連度

コアツール 測定システム解析 MSA 解説

MSA:測定システム解析は、測定結果に影響する変動源をシステムとして把握し、測定システムが信頼できるものか、を解析する手法です。計量値の場合と計数値の場合の解析手法を中心に、演習を含めて実務的に身につけていただきます。また、破壊検査などの反復不可能な測定システムの解析シナリオなどもご紹介します。

自動車
IATF 16949

コアツール 生産部品承認プロセス PPAP 解説

自動車産業との取引において、量産品の納入開始時や、設計、工程変更時の通知など、変化点における管理は経験則として重要とされています。このコースでは、こうした立ち上がり時点、変化点における必要な手続き(手順)を理解し、リスク低減に活用する手法を紹介します。

自動車
IATF 16949

コアツール 先行製品品質計画 APQP 解説

自動車産業との取引において、新規車対応に関連した品質計画のやりかたを、事例を通して、演習を主体に身につけていただきます。また、特に量産試作以降要求されるコントロールプランの策定と活用について推進していただけるようにマスターしていただきます。

自動車
IATF 16949

コアツール 故障モード影響解析 PFMEA 解説

AIAG & VDA基準のプロセスFMEAが学べる研修コースです。製造工程設計プロセスのFMEAが2日間で習得できます。

自動車
IATF 16949

自動車 IATF 16949:2016 内部監査員養成

IATF 16949内部監査員としての基礎的な監査技術の構築と向上を主眼に置いた監査技術養成コースです。演習や講師とのディスカッションを多く取り入れ着実に理解を深めながら監査技術を習得していただきます。

自動車
IATF 16949

自動車 IATF 16949:2016 内部監査員ブラッシュアップ

IATF 16949:2016 内部監査員としての力量の維持・向上を目的にした研修コースです。内部監査員養成コースの模擬監査演習を使用して、顧客固有要求事項の観点と監査技術を磨きます。IATF 16949:2016 内部監査の経験者か、弊社のIATF 16949:2016 内部監査員養成コースを受講済みであることを参加条件とします。

IATF 16949
自動車

自動車 IATF 16949:2016 営業のための規格解説

営業担当者のためのIATF 16949:2016規格解説コースです。簡潔明瞭な講義により営業として把握しておくべきIATF 16949:2016の要点と留意すべき箇条・背景が明確になります。

IATF 16949
自動車

コアツール 統計的プロセス制御 SPC 解説

SPC(統計的工程管理):顧客要求からFMEA、コントロールプランの中で、統計的工程管理のニーズ、手法が特定され、活用されていくことになります。このコースでは管理図を用いて製造工程を管理する技法を演習を通じて内容を理解し、選定・活用する具体的なノウハウを身につけていただきます。

自動車
IATF 16949

コアツール 概要解説

IATF 16949:2016で要求されている5つのコアツール(APQP/PPAP/FMEA/SPC/MSA)とコントロールプランの概要を解説します。コアツールとは?業務との関係性は?これらについて理解することが求められている、おもにIATF 16949事務局・内部監査員の皆様のための初級研修です。

自動車
IATF 16949

コアツール 故障モード影響解析 新FMEA 概説

AIAG & VDA基準のFMEAの概要:デザインFMEAとプロセスFMEAのエッセンスや実装に向けて留意すべき事項が半日間で習得できます。グローバル基準となった新FMEAを大雑把に把握するための研修コースです。

自動車
IATF 16949
教育研修に関するお問い合わせ

検索するにはEnterキーまたは矢印キーを押してください 検索するにはEnterキーを押してください

検索アイコン

何をお探しですか?