お使いのブラウザが古いことを検出しました。 特定の機能にアクセスできない場合があります。 ブラウザを更新する

ISO 14064 温室効果ガス(GHG)

二酸化炭素排出量検証を通じた信頼性の獲得。

ISO 14064温室効果ガス(GHG)の妥当性確認と検証は、組織が気候変動と持続可能性の証明するのに役立ちます。

Irrigated Fields
提供サービスについてのお問い合わせ

概要

自主的に温室効果ガス排出量(GHG)を監視し報告し、二酸化炭素排出量をより適切に管理する組織が増えています。 ISO 14064は、温室効果ガス(GHG)排出量の定量化と削減を目指す組織に対して、温室効果ガス(GHG)アカウンティングと検証の枠組みを提供します。

3つのパートで構成されています。

  • パート 1  - GHGの排出量および吸収量の定量化および報告のための組織レベルの原則および要求事項を規定する。 組織の温室効果ガス(GHG)インベントリの設計、開発、マネジメント、報告、検証を対象とします。
  • パート 2  - 複数の温室効果ガス(GHG)プロジェクトのタイプをサポートするため、カーボン・オフセットクレジットや革新的技術プロジェクト、内部プロジェクトに対応しています。 パート 2では、原則と要求事項を規定し、温室効果ガス(GHG)排出削減または吸収強化をもたらすための活動の定量化、モニタリングおよび報告のためのプロジェクトレベルでのガイダンスを提供します。 温室効果ガス(GHG)プロジェクト計画をカバーします。プロジェクトに関連するGHG源、吸収源、貯留層の特定と選択、ベースラインシナリオ、GHGプロジェクトの実績を監視、定量化、文書化、報告します。また、データ品質を管理します。
  • パート 3  - 温室効果ガス(GHG)アサーションの妥当性確認および/または検証を実施または管理者の原則および要求事項を規定し、ガイドします。 組織または温室効果ガス(GHG )プロジェクトの定量化、モニタリングおよび報告に適用することができます。

ISO/TC 207/SC7テクニカルグループは、将来的にその規格を可能な限り陳腐化させないために、カーボン・ディスクロジャー・プロジェクト(CDP: Carbon Disclosure Project)、国連気候変動枠組条約(UNFCCC: United Nations Framework Convention on Climate Change)、世界資源研究所(WRI: World Resources Institute) 、ザ・ゴールド・スタンダード・ファウンデーション(The Gold Standard Foundation)およびその他の主要当事者などの主要機関と継続して連携して行きます。

ISO 14064の利点

整合性の明示

ISO 14064-1およびISO 14064-2に対する検証は、GHG(温室効果ガス)インベントリ、判定およびレポートがISO 14064規格に準拠していることを証明するために、システムとプロセスの正確性を明確に示します。誤差、脱落、虚偽の記載がないこと。

目標達成

ISO 14064-2に対する妥当性検証は、プロジェクトのベースライン、設計計画、および支援する前提条件の完全性を確立し、計画されたGHG削減を実現することを確実にします。

成功を検証

ISO 14064-1に対する検証は、カーボンフットプリント(二酸化炭素の可視性)宣言の必要性を保証します。 ISO 14064-2へのGHGプロジェクトの検証は、GHGプロジェクトが計画どおりに実施されれば、予測される排出削減の達成に役立つであろうという確信をもたらします。 貴社のGHGプロジェクトを検証することで、特定の期間に達成された排出削減量を利害関係者に保証することができます。

ISO 14064の検証にどんなサポートが必要ですか?

ロイド レジスター(LR)は、ISO 14064の認定を取得した最初の検証機関の1つで、認定された検証をISO 14064パート1の全範囲についてどのビジネス分野のどの企業にもご提供できます。

当社の ISO 14064 妥当性確認と検証サービスは、企業レベルまたはプロジェクトレベルでの温室効果ガス排出量を定量化、監視、報告するための確実で再現性のあるメカニズムを開発するのに役立ちます。

ロイド レジスターの優位性とは?

技術的専門知識

LRは、世界中のあらゆる分野およびサービスの広範な分野にわたるISO 14064 GHGの妥当性確認と検証の最先端で主導的な立場にあります。 これにより、信用できる第三者判定による検証を最優先で入手できる最高の立場が保証されます。

豊富な経験値

LRは、ISO 14064や日本の自主排出権取引制度と同様に、国家レベルでは英国排出量取引制度、地域レベルではEU排出権取引制度、国際レベルではUNFCCCクリーン開発メカニズム(CDM)と共同実施など規制されたサービスの自主的なメカニズムの中で妥当性確認と検証の詳細な経験を有しています。

お客様のビジネスが世界の公共利益に役立ちます

当社が生み出す利益は、世界の公共利益のために科学・技術工学の投資するロイドレジスター基金に提供され、人々の毎日の活動を支えています。

サービスに関心をお持ちの方は、こちらの「お問い合わせ」よりご連絡ください。

ケーススタディ

過去の事例

様々な分野でそれぞれのビジネスを新たなレベルに押し上げ、今までにない成果の達成を手助けしています。 ロイド レジスターにお任せください。

その他の事例を見る

提供サービスについてのお問い合わせ

検索するにはEnterキーまたは矢印キーを押してください 検索するにはEnterキーを押してください

検索アイコン

何をお探しですか?