お使いのブラウザが古いことを検出しました。 特定の機能にアクセスできない場合があります。 ブラウザを更新する

ISO 14064 温室効果ガス(GHG)第三者検証

温室効果ガス(GHG)排出量データの妥当性を確認します。

ISO 14064の妥当性確認と検証では、合意された一連の基準に対して、GHGの除去または排出削減を行うことができるということと、また、 真実で公正で信頼性の高い気候変動データを作成するための適切な管理システムを持っていることについての第三者の確認が提供されます。

提供サービスについてのお問い合わせ

概要

ロイド レジスター(LR)の妥当性確認および検証アプローチは、ISO 14064-3:2006に基づいています。 利害関係者には、炭素排出削減の約束を保証します。

当社は、企業がGHG排出量判定に信頼性と保証を付加し、企業の申し立てをサポートするための報告書を提供するための一連の妥当性確認と検証サービスを提供します。

ギャップ分析

ISO 14064のギャップ分析は、既存のGHG管理システムを見直し、ISO 14064規格に沿ってGHG排出量を具体的に改善できる場所を特定します。 ギャップ分析の訪問中、LR審査員は、既存のプロセスが気候変動目標を満たす能力を判断し、LRのISO 14064チェックリストを使用してギャップを特定します。

検証と審査

ISO 14064には2つの段階があります。 検証には、合意された基準に対して適切なGHG除去または排出削減を行うことができることを確認する妥当性確認意見記述書とともに、プロジェクト設計データと文書のレビューが含まれます。
検証では、報告された気候変動のデータと情報が、厳格な管理システムによってサポートされており、真実で公正で信頼できるものであることを保証します。

ISO 14064の妥当性確認または検証の完了後、保証声明書が交付されます。 この声明書は、契約条件を確認し、契約の簡潔なアプローチ、保証レベルおよび適用される重要性および最終的に意見を記述します。 保証声明書は、GHG判定と申し立てに誤り、脱落、虚偽の記載がなく信頼性を保証します。 当社の保証声明書は、カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)の承認をはじめ、外部からも評価されています。

統合審査

品質、労働安全衛生、情報セキュリティと持続可能性等の複数のマネジメントシステムを持つ組織では、統合審査によって必要な訪問数を減らし、時間を節約し、コストを最小限に抑えることができます。

アシュアランスサービス

 LRでは、労働安全衛生、環境、サステナビリティ、エネルギーマネジメント、事業継続性、サイバーセキュリティなど、世界をリードするすべての規格と制度に認証、妥当性確認、検証サービスを提供しています。

公平性

公平性への約束の継続的な取り組みの一環として、LRの最高経営責任者は、評価、検証および認証サービスの提供に関連して生じる利益相反の可能性を定常的に識別し、分析します。公平性の脅威が特定されている場合、そのような脅威を排除または最小化するための方法を、その継続的な有効性を実証するデータとともに文書化します。 この分析は、LRのマネジメントレビュープロセスの一環として、LRのトップマネジメントによってレビューされます。 詳細はこちらをクリックしてご覧ください 。 

サービスに関心をお持ちの方は、こちらの「お問い合わせ」よりご連絡ください。

提供サービスについてのお問い合わせ

検索するにはEnterキーまたは矢印キーを押してください 検索するにはEnterキーを押してください

検索アイコン

何をお探しですか?