お使いのブラウザが古いことを検出しました。 特定の機能にアクセスできない場合があります。 ブラウザを更新する

ISO 50001 マネジメントシステム認証

エネルギー効率推進の意思表明

ISO 50001は、エネルギーマネジメントのベストプラクティスの枠組みを確立します。 ISO 50001要求事項への準拠を実証することで、産業プラント、商業施設、機関および政府施設のみならず企業全体がより環境に優しい、コスト削減エネルギーマネジメントシステム(EnMS)を実現できます。

提供サービスについてのお問い合わせ

概要

ロイド レジスター(LR)は、企業がエネルギー使用量を改善し、経費を節減し、環境への影響を軽減するのに役立つ一連のISO 50001認証サービスを提供します。

ギャップ分析

既存のEnMSがあり、ISO 50001:2018を運用をしたい場合は、ギャップ分析を受けることにより、エネルギーマネジメントシステム認証の特に注意が必要な箇所を特定し準備状況を把握することができます。 ギャップ分析の目的を確実に達成するために、LRのISO 50001チェックリストを使用して既存のEnMSの重要な領域または危険性の高い領域に焦点を当て、固有の脆弱性を特定し、ギャップ分析の範囲を特定します。

認証と審査

ISO 50001認証プロセスは2段階で進めます。 既存の設計の妥当性を確認するためのシステムの見直しとプランニングビジットは、ISO 50001要求事項に沿ったものであり、エネルギーポリシーの規格とコミットメントを満たすためのシステムの有効性を確立するのが2回目の訪問です。

統合審査

品質、環境、労働安全衛生および情報セキュリティにまたがる複数のマネジメントシステムを持つ企業は、統合審査および監視プログラムを通じて時間と費用を節約できます。

アシュアランスサービス

LRでは、品質、労働安全衛生、環境、持続可能性、エネルギーマネジメント、サイバーセキュリティなど、さまざまな分野で認証、妥当性確認、検証サービスを提供しています。 他の認証取得をご検討の際はぜひご連絡ください。

公平性

公平性への約束の継続的な取り組みの一環として、LRの最高経営責任者は、評価、検証および認証サービスの提供に関連して生じる利益相反の可能性を定常的に識別し、分析します。公平性の脅威が特定されている場合、そのような脅威を排除または最小化するための方法を、その継続的な有効性を実証するデータとともに文書化します。 この分析は、LRのマネジメントレビュープロセスの一環として、LRのトップマネジメントによってレビューされます。 詳細はこちらをクリックしてご覧ください 。 

サービスに関心をお持ちの方は、こちらの「お問い合わせ」よりご連絡ください。

提供サービスについてのお問い合わせ

検索するにはEnterキーまたは矢印キーを押してください 検索するにはEnterキーを押してください

検索アイコン

何をお探しですか?