お使いのブラウザが古いことを検出しました。 特定の機能にアクセスできない場合があります。 ブラウザを更新する

【労働安全衛生】新規格ISO 45001:2018発行

3月12日、労働安全衛生マネジメントシステム規格ISO 45001:2018が発行されました。本規格は、組織の規模やセクター、地理的位置に関係なく設計されており、年間業務関連災害死亡者数278万人、非死亡労働災害者数3億7,400万人(国際労働機関(ILO)調べ)とされる事故件数の削減を目指すものです。

ISO 45001:2018は現在の労働安全衛生規格OHSAS 18001に代わるものであり、OHSAS 18001 の有効期限は、ISO 45001:2018の発行日から3年となります。新規格はOH&Sパフォーマンスを継続的に改善する労働安全衛生文化構築のため、サプライチェーン全体で使用できる枠組みを導入しています。ISO 45001:2018には品質マネジメントシステムISO 9001:2015と環境マネジメントシステムISO 14001:2015と共通の上位構造が採用されており、統合を容易にしています。

弊社では新規格案の要求事項とお客様のマネジメントシステムとの差異を明確にするギャップ分析サービスや公開研修や講師派遣研修サービスなど、組織の皆様のスムーズな移行のため、様々なサービスの提供を準備しておりますので、是非ページ下の「LRQAお問合せ」よりお問合せください。

提供サービスについてのお問合せ

検索するにはEnterキーまたは矢印キーを押してください 検索するにはEnterキーを押してください

検索アイコン

何をお探しですか?