お使いのブラウザが古いことを検出しました。 特定の機能にアクセスできない場合があります。 ブラウザを更新する

リモートアシュアランスサービス:ISO 審査認証

リモート審査 (ISO 審査認証)

場所や時間に制約されることなく認証の継続性と有効性を保証する代替手段

remote audit
提供サービスについてのお問合せ

リモート審査について

ロイド レジスターのリモート審査では、従来通りの審査と同様に業界に精通した専門家が、テクノロジー活用して、文書やデータのレビュー、インタビュー、サイトツアーを実施します。リモート審査により、オンサイト審査と同等の高い基準を維持しつつ、柔軟な対応でのサービス提供が可能となりました。リモート監査では、企業内の複数の利害関係者が共同で立ち会うことができ、またライブ配信される映像を通じて審査員と意見を交わすことができます。

  • リモート審査の利点

    時間節約と柔軟な対応が可能

    • 審査日程の調整に時間がかからず、またオンサイトでの混乱を最小限に抑えることができます。
    • 複数の利害関係者が審査に立会うことが可能なため、世界中どこにいる関係当事者とでも審査状況を直ちに共有できます。
    審査員は素晴らしく、また業務上の都合やタイミングなどに柔軟に対応いただきました。

    Nadine Morrison

    QHSE Lead , PDMS Group

     

    安全かつ持続可能性に貢献できます

    • 危険な場所や到達しにくい場所への移動を軽減し、労働安全衛生を向上させることができます。
    • リモート審査は、審査サービスに関わる移動を軽減することができるため、組織のカーボンフットプリントを削減できます。
    移動を軽減することができたため、多くの時間を節約でき、また持続可能性に貢献することもできました

    Marek Mamak

    Quality & Compliance , Yusen Logistics (Poland)

     

    卓越性と専門性

    • 審査結果と認定された認証は、堅牢なプロセスと技術的専門知識によって維持されています。
    • お客様情報の保護と審査の整合性を確保するために、安全で使いやすいオンラインプラットフォーム利用しています。
    リモート審査であっても、審査のレベルを損なうものではありませんでした。従来の審査と同じように感じました

    Carol Sparkes

    Process Assurance Consultant , Comms-care LTD

  • リモート審査の計画と実施

    ステップ1:プランニング

    弊社チームがお客様にご相談させていただいたうえ、お客様ニーズと技術要件に適したリモート審査を提供します。

    ステップ2:テスト

    必要に応じて、審査日前に電話会議ツールを使ってお客様と接続テストを実施します。

    ステップ3:リモート審査

    計画された審査日時に審査を実施します。電話会議ツールやファイル・画面共有ツールなどを使用して、貴社マネジメントシステムの適合性と有効性を示すエビデンスを取得します。

    ステップ4:リモート審査後

    審査の結果や記録は電子レポート形式でお客様と共有します。認証証明書の発行は従来の技術審査プロセスに準じて行います。

    ステップ5:フォローアップ

    不適合が指摘された場合は、可能な限り、是正処置および予防処置のレビューをリモートで実施します。

  • テクノロジー

    審査時: 弊社審査員はMicrosoft Teamsなど複数のプラットフォームの操作に関するトレーニングを受けており、複雑な審査にも対応できます。審査に使用するツールについては柔軟に対応し、まずお客様とご相談させていただいたうえで、実際に使用するツールを選定させていただきます。また共有するデータや情報のセキュリティと機密性は保護します。


    審査後: 独立した認証機関として認定機関により規定された要件に準拠していることを証明するために必要な情報のみを保持します。データは安全なクラウド環境で処理および保存されます。弊社独自のオペレーティングシステムは、UK Cyber Essentials Plus (一般的なサイバーセキュリティの脅威から組織を保護する目的で開始された英国政府認証の認定スキーム)で承認されています。サードパーティのパートナーが使用しているセキュリティ管理についての詳細はこちらをご覧ください。

  • 適用

    弊社のリモート審査は、認定機関が定める要求事項に準拠した従来の審査サービス同様のサービスです。

    以下の表は、適用に関する現在のルールを示しています。

    規格

    リモート審査

    備考

    ISO 9001

    可能

    ステージ2の期間が2日以上の場合は50%以上可能。

    ISO 14001

    可能

    ステージ2の期間が2日以上の場合は50%以上可能。

    ISO 50001

    可能

    認定機関の承認がない場合は30%程度可能。

    ISO 27001

    可能

    ステージ2の期間が2日以上の場合は50%以上可能。

    ISO 22301

    可能

    ステージ2の期間が2日以上の場合は50%以上可能。

    ISO 20000-1

    可能

    30%以上の正当性を文書化。事前の認定機関の承認は不要

    ISO 55001

    可能

    ステージ2の期間が2日以上の場合は50%以上可能。

    ISO 28000/ 28007

    可能

    ステージ2の期間が2日以上の場合は50%以上可能。

    ISO 13485

    可能

    ステージ2の期間が2日以上の場合は50%以上可能。MDSAPと組み合わせて提供される場合、制限が適用されることがあります。

    ISO 45001 / OHSAS 18001

    可能

    ステージ2の期間が2日以上の場合は50%以上可能。中央機能については毎年審査実施が必須。

    ISO 22000

    可能

    ステージ2を除き、可能

    UKAS認定のその他規格(NHSS, CMSなど)

    可能

    ステージ2の期間が2日以上の場合は50%以上可能

    非認定食品セクターの第二者監査

    可能

    農場、食品加工業、食品保管業、小売業については、LRのリモート審査提供が承認されている。

    お客様のニーズに応じてリモート審査を実施。

    BRCGS

    可能(一部)

    現行ガイダンスはこちらを参照

    FSSC 

    可能

    リスク評価の結果に応じて、“一部リモート審査+一部訪問審査”が可能。

    SQF

    可能(一部)

    現行ガイダンスはこちらを参照

    IFS

    可能(一部)

    現行ガイダンスはこちらを参照

    AS9100 シリーズ

    不可

     

    IATF 16949

    不可

     

    IRIS

    不可

     

    BRC

    不可

     

     

デジタル審査

お客様の利益を継続的に管理し、お客様が求める高い基準の維持をサポートし、また認証の継続性と有効性を保証するために、弊社ではデジタル審査のアプローチを採用いたしました。お客様にとって効果的かつ効率的な審査を実現するために、テクノロジーを利用して可能な場合には遠隔地から審査を実施しています。お客様は弊社独自のクライアントポータルを通じて、審査計画や報告書、承認証明書、審査結果の分析など、すべての審査データにアクセスできるため、貴組織のシステムをより深く理解していただくことができます。

ロイド レジスターのリモート アシュアランス

LRの企業としての優位性

技術的専門知識

今ある課題解決のみならず長期的にお客様のビジネスに役立つ最先端の考え方を取り上げ実際的に導入しています。業界に精通した専門家である弊社審査員は、お客様との長期的な関係を構築し、お客様が抱える課題をあぶり出し、ビジネスを最高レベルに導く戦略構築と課題解決をサポートします。

独立性

高い水準で最善の結果を導き出すためにすべてにおいて常に全力を注ぎ、お客様のビジネス改善につながるサービスを提供します。

事実に基づいたアシュアランス

ロイド レジスターではあらゆる課題を余すところなく徹底的に分析し、精度と正確度の高い結論を導き出します。

お客様のビジネスが世界の公共利益に役立ちます

弊社が生み出す利益は、世界の公共利益のために科学・技術工学に投資するロイド レジスター基金に提供され、人々の毎日の活動を支えています。





リモート審査に関心をお持ちいただけましたか?

提供サービスについてのお問合せ

検索するにはEnterキーまたは矢印キーを押してください 検索するにはEnterキーを押してください

検索アイコン

何をお探しですか?