お使いのブラウザが古いことを検出しました。 特定の機能にアクセスできない場合があります。 ブラウザを更新する

サービスについてのお問い合わせ

日本および海外における労働安全衛生の洞察

企業が世界的に直面している課題と、彼らがチームを支援するために取ることができるステップを把握するために、2020年12月に、(日本を含む)11カ国の5,500人の従業員にインタビューを行いました。

新型コロナウイルスによるパンデミックは、労働者の健康が企業の健康であることを示しました。回復に近づくにつれ、組織にとって従業員の声に耳を傾けることがかつてないほど重要になってきています。仕事の世界は、多くの場合永久的なものとなるであろう前例のない変化の時期を経験してきました。労働者の声は、安全で効果的な新しい働き方を定義する上で重要です。

 

 

グローバルレポート
ダウンロード

japan reportローカルレポートダウンロード

 

 

 

各国のハイライトを見る

オーストラリア

41%

41%のオーストラリア人は、自身のメンタルヘルスについて開示することは昇進に影響すると感じています。

閉じる

フランス

30%

ほぼ30%の人が自身のメンタルヘルスについて誰にも話さないと言っています。

閉じる

ドイツ

55%

55%のドイツ人は、このパンデミックにより仕事に起因するストレスが増えたと感じています。

閉じる

日本

62%

62%の人がメンタルヘルスについて気になることを同僚に話すことで気持ちが楽になると感じています。

閉じる

メキシコ

82%

82%のメキシコ人は、このパンデミックにより仕事に起因するストレスが増えたと感じています。

閉じる

オランダ

42%

42%のオランダ人が在宅勤務が可能になったことにより、ワークライフバランスが向上したと伝えています。

閉じる

韓国

76%

76%の人がこのパンデミックに対応するための主要なビジネスの変更について相談されたと言っています。

閉じる

スペイン

50%

50%のスペイン人が在宅勤務が可能になったことにより、ワークライフバランスが向上したと伝えています。

閉じる

UAE

84%

UAEの84%の人が、このパンデミックにより仕事に起因するストレスが増えたと感じています。

閉じる

イギリス

50%

50%の人が、対策が十分に取られていないと感じる職場に出社することにプレッシャーを感じ、職場の安全対策自体が生産性を保つことを困難にしていると感じています。

閉じる

アメリカ

65%

65%の人が対策が十分に取られていないと感じる職場に戻ることにプレッシャーを感じています。

閉じる

 
サービスについてのお問い合わせ

検索するにはEnterキーまたは矢印キーを押してください 検索するにはEnterキーを押してください

検索アイコン

何をお探しですか?