お使いのブラウザが古いことを検出しました。 特定の機能にアクセスできない場合があります。 ブラウザを更新する

提供サービスについてのお問い合わせ


新たな国際規格の理解は、安全で衛生的な職場を実現するための労働安全衛生(OH&S)パフォーマンス改善への取組みの実現につながります。

国際的な取引の増加によって、グローバルでの指標の共通化や職場環境における労働安全衛生の水準を引き上げることを可能にする国際的なOH&S(労働安全衛生)マネジメントシステム規格が策定されました。2018年3月12日に発行されたISO 45001は、組織が職場の安全への取り組みを実証し、顧客・従業員を問わずビジネス評価の向上に向けた取り組みの支援を目的としています。

ロイド レジスター(LR)の審査員はその分野の専門家であり、貴組織の分野特有のOH&Sハザードを理解しています。 LRのグループテクニカルアシュアランス&クォリティ ディレクタであるMartin CottamはISO / TC 283の議長を務め、ISO / TC 283の労働安全衛生管理システム規格技術委員会委員長でもあり、技術専門家はISO 45001の開発に携わっています。そのため当社の審査員は、規格要求事項の理解について優位性を保持しております。

主な内容:

  • ISO 45001:2018 の主要な要求事項と実施

  • ロイド レジスターが提供するサービス


 

ISO 45001 セルフアセスメント ツール

ISO 45001 Self-Assessment Tool

目標への第一歩として。

ロイド レジスターのセルフアセスメントツール(無料)を活用して組織に潜在するリスクを特定し、ISO 45001認証取得を目指す。

セルフアセスメントツールを使ってみる
提供サービスについてのお問い合わせ

検索するにはEnterキーまたは矢印キーを押してください 検索するにはEnterキーを押してください

検索アイコン

何をお探しですか?