お使いのブラウザが古いことを検出しました。 特定の機能にアクセスできない場合があります。 ブラウザを更新する

教育研修

ビジネスの発展を後押しします。

定期的に実施されるオーダーメイドな教育研修コースで、世界中の企業や個人の継続的な改善を支援します。

提供内容

  • 1

    エキスパートトレーナー

    業界の専門知識を共有します。

  • 2

    柔軟性

    定期コースに参加したり、現場での専用トレーニングに参加したりできます。

  • 3

    サポート

    トレーニングの一環として、サポート資料や定期的な更新が提供されます。

  • 選択済み

    選択済み

70件中1-10件を表示
関連度

食品安全 マネジメント

ISO 22000:2018 / FSSC 22000のバージョン5の規格要求事項の概要を説明しそのなかから主要な要求事項について解説する研修コースです。研修後ISO 22000:2018 / FSSC 22000のうちマネジメント層が把握すべきポイントがわかったというレベルを目指します。マネジメント層(部課長)と事務局を主な対象とします。

環境 CQI|IRCA認定 ISO 14001:2015 コンバージョン

現在お持ちのCQI|IRCA認定審査員資格を拡大するためのコースです。最終試験に合格することによりCQI|IRCA認定環境審査員資格の申請を行うことができます。

環境
ISO 14001
CQI-IRCA 認定

環境 ISO 14001:2015 内部監査員スキルアップ(2015年版重点監査アプローチ)

既に内部監査員としての経験がある方向けの上級コース。新規格を組織に根付かせるために重要なことは何か?演習を中心としたグループワーク形式で取り上げながら、より有効な内部監査をするためのスキルアップをしていただきます.

環境
ISO 14001

品質 ISO 9001:2015 内部監査員スキルアップ

既に内部監査員としての経験がある方向けの上級コース。新規格を組織に根付かせるために重要なことは何か?演習を中心としたグループワーク形式で取り上げながら、より有効な内部監査をするためのスキルアップをしていただきます。

品質
ISO 9001

環境 ISO 14001:2015 トップマネジメント

新規格では、トップマネジメントのコミットメントが強調されました。そこで、トップマネジメントの方々が知っておくべきこと、知っておいて欲しいことを半日の研修でお伝えします。

環境
ISO 14001

環境 ISO14001:2015 規格解説(新旧差分解説)

2015年版のポイントを旧版との対比をとおして理解していただくためのコース。事務局や内部監査員等、旧版規格の経験者が対象。

環境
ISO 14001

コアツール 測定システム解析 MSA 解説

MSA:測定システム解析は、測定結果に影響する変動源をシステムとして把握し、測定システムが信頼できるものか、を解析する手法です。計量値の場合と計数値の場合の解析手法を中心に、演習を含めて実務的に身につけていただきます。また、破壊検査などの反復不可能な測定システムの解析シナリオなどもご紹介します。

自動車
IATF 16949

コアツール 生産部品承認プロセス PPAP 解説

自動車産業との取引において、量産品の納入開始時や、設計、工程変更時の通知など、変化点における管理は経験則として重要とされています。このコースでは、こうした立ち上がり時点、変化点における必要な手続き(手順)を理解し、リスク低減に活用する手法を紹介します。

自動車
IATF 16949

コアツール 先行製品品質計画 APQP 解説

自動車産業との取引において、新規車対応に関連した品質計画のやりかたを、事例を通して、演習を主体に身につけていただきます。また、特に量産試作以降要求されるコントロールプランの策定と活用について推進していただけるようにマスターしていただきます。

自動車
IATF 16949

鉄道 ISO/TS 22163: 2017 内部監査員養成

国際鉄道産業標準規格(IRIS)の内部監査に必要なスキルを学ぶ研修です。監査技法に特化したコースで、ロールプレイやグループ演習で、講師とディスカッションしながら多くの実施スキルが体験できます。

教育研修に関するお問い合わせ

検索するにはEnterキーまたは矢印キーを押してください 検索するにはEnterキーを押してください

検索アイコン

何をお探しですか?