お使いのブラウザが古いことを検出しました。 特定の機能にアクセスできない場合があります。 ブラウザを更新する

教育研修に関するお問い合わせ

研修後に期待できること

  • コーデックス委員会のHACCP適用の7原則12手順に基づいたHACCP構築ができる。
  • 組織でHACCPの運用技術を指導できる。
  • HACCP構築によりFSSC 22000認証取得の準備を進めるための食品安全の基盤ができる。

研修の概要

  • 用語の説明
  • HACCPとは
  • 前提条件プログラム
  • HACCP適用の準備段階
  • 危害要因 ハザード分析
  • 危害要因分析に関わる事故情報等
  • CCP の決定
  • 許容限界
  • モニタリングシステムの確立
  • 是正処置の設定
  • 検証方法の設定
  • 補足 計測器のトレーサビリティーと校正
  • HACCP計画の実施記録および各種文書の保存
  • 附録 関係法規
  • HACCPシステムと危害要因
  • 生物的危害要因
  • 化学的危害要因
  • 物理的危害要因
  • 前提条件プログラムの重要性(食品の安全を脅かす事故を防止・低減させる方法・HACCPシステムとは・前提条件プログラムの種類・前提条件プログラムと事故・これからのHACCPシステム構築と前提条件プログラム他)
  • 科学的な根拠による前提条件プログラム(製造工程フローダイアグラムと使用器具の関係・前提条件プログラムの検証、保証とは・温度計の校正・機械、器具の洗浄効果確認・使用水の管理・次亜塩素酸ソーダ等殺菌水の管理・自主検査の考え方・ノロウイルス対策)
  • トレーサビリティー(緊急時の対応)

選択できる受講形態

【公開研修】【臨時公開研修】【講師派遣】

研修の対象者

HACCP事務局・内部監査員・品質管理・品質保証・品質安全・製造・購買担当者など

研修の期間

 2日間 (CPD: 13時間10分)

研修の開始・終了時間

【公開研修】 1日目 9:20-17:00/2日目 9:20-17:00

研修の定員

12名

受講料

【公開研修】 1名様 ¥65,000 (税抜き)

受講前後のおすすめ研修コース

教育研修に関するお問い合わせ

検索するにはEnterキーまたは矢印キーを押してください 検索するにはEnterキーを押してください

検索アイコン

何をお探しですか?