お使いのブラウザが古いことを検出しました。 特定の機能にアクセスできない場合があります。 ブラウザを更新する

教育研修に関するお問い合わせ

研修後に期待できること

  • 監査を実施するにあたり自動車産業向けアプローチを適用することができる。
  • IATF 16949:2016及び顧客固有の基準を使用して監査を計画し実施することができる。
  • 効果的な監査を実施するためにリスク及びパフォーマンス指標を活用することができる。
  • 監査範囲にどのコアツールを適用するかを特定することができる。
  • 客観的な証拠を収集し、監査基準への適合を判断することができる。
  • リスクに基づいて不適合を分類することができる。
  • 是正処置の必要性及び期限について説明することができる。
  • 監査の計画、実施及び報告ができる。
  • 監査所見をクローズすることができる。

研修の概要

  • 事前学習課題の確認
  • 監査の準備
  • 監査の実施
  • 理解度テスト1
  • 監査の報告
  • 是正処置及びフォローアップ
  • リーダーシップの監査
  • 理解度テスト2

選択できる受講形態

【公開研修】【臨時公開研修】【講師派遣】

研修の対象者

IATF 16949事務局・IATF 16949内部監査員候補者・第二者監査員・製品設計開発担当者・製造工程設計担当者・品質管理/品質保証担当者など

研修の期間

2日間 (CPD: 13時間45分)

研修の開始・終了時間

【公開研修】 1日目 9:20-17:30/2日目 9:00-17:00

研修の定員

4名~12名

受講料

【公開研修】1名様 ¥70,000(税抜き)

その他ご留意事項

事前課題・理解度テストあり。グループ演習と模擬監査で講師による評価をおこないます。理解度テストと講師評価により合格点に達した場合、弊社の修了証が発行されます。修了要件に満たない場合は参加証が発行されます。ISO 9001:2015 内部監査員養成及びIATF 16949:2016 規格解説を受講済みか、それと同等の知識・スキルがあることを参加条件とします。

受講前後のおすすめ研修コース

教育研修に関するお問い合わせ

検索するにはEnterキーまたは矢印キーを押してください 検索するにはEnterキーを押してください

検索アイコン

何をお探しですか?