お使いのブラウザが古いことを検出しました。 特定の機能にアクセスできない場合があります。 ブラウザを更新する

自動車関連研修

コアツール 先行製品品質計画 APQP 解説

自動車産業との取引において、新規車対応に関連した品質計画のやりかたを、事例を通して、演習を主体に身につけていただきます。また、特に量産試作以降要求されるコントロールプランの策定と活用について推進していただけるようにマスターしていただきます。【講義/演習】

教育研修に関するお問い合わせ

研修後に期待できること

  • 自動車顧客の立ち上げ計画に同期した品質計画策定の仕方をマスターする。
  • 品質計画のフェーズを理解し、適切な多機能チームを構成できるようになる。
  • コアツール間の順序や意味、役立て方を理解し実践できるようになる。
  • コントロールプランの策定と意味が理解でき実線できるようになる。

研修の概要

  • 事例演習:新規開発車の立ち上がり対応計画の策定:フェーズの設定
  • 多機能チームの活用
  • フェーズごとの活動とフェーズ間のつながり:FMEA、MSA、SPC
  • コントロールプランの考え方と策定(演習)
  • PPAPとの関連
  • 継続的改善の意味

選択できる受講形態

【公開研修】【臨時公開研修】【講師派遣】

研修の期間

1日間

研修の開始・終了時間

9:20 ─ 17:00

研修の定員

【公開研修】12名

受講料

【公開研修】1名様 ¥35,000(税抜き)

教育研修に関するお問い合わせ

検索するにはEnterキーまたは矢印キーを押してください 検索するにはEnterキーを押してください

検索アイコン

何をお探しですか?