お使いのブラウザが古いことを検出しました。 特定の機能にアクセスできない場合があります。 ブラウザを更新する

自動車関連研修

コアツール 故障モード影響解析 PFMEA 解説

AIAG & VDA基準のプロセスFMEAが学べる研修コースです。製造工程設計プロセスのFMEAが2日間で習得できます。【講義/演習】(NT-PFMEA)

教育研修に関するお問い合わせ

研修後に期待できること

AIAG & VDA FMEAハンドブックの手順に則りPFMEAが実施できるようになります。

研修の概要

FMEAの標準化/ISO 16949規格の要求事項との関連/コアツール及びFMEAとの関係/コストバランス(品質コスト)の概念/FMEAの概要/FMEAの準備/7段階アプローチ ― PFMEA/ケーススタディの導入及び概要/計画&準備/構造分析/機能分析/故障分析/リスク分析/最適化

選択できる受講形態

【公開研修】【臨時公開研修】【講師派遣】

研修の対象者

IATF 16949事務局・IATF16949内部監査員・第二者監査員・製品設計開発担当者・製造工程設計担当者・品質管理/品質保証担当者・FMEA実務担当者・自動車産業に限らず鉄道産業・航空宇宙産業・農業機械産業・建設機械産業における製品設計開発/品質管理/品質保証関係者・その他製品品質向上プロジェクトご担当者・ISO 9001事務局など

研修の期間

2日間 (CPD: 14時間10分)

研修の開始・終了時間

【公開研修】 1日目 9:20-17:30/2日目 9:00-17:30

研修の定員

12名

受講料

【公開研修】 1名様 ¥95,000 (税抜き)

その他ご留意事項

製品設計に責任のある組織のFMEA担当者はDFMEA・PFMEA(4日間)の受講をお奨めします。また、製品設計に責任のない組織であっても製品に関するFMEA結果を考慮することが要求され製造工程設計を行う上で重要です。製品設計に責任の無い組織のFMEAご担当者もシリーズ(DFMEA・PFMEA)で参加されることをお奨めします。AIAG&VDA基準のFMEAの大枠を知りたい、FMEAの研修がはじめてでDFMEA 解説、PFMEA 解説を受講する前にレベル感を知りたいなどの場合はプレコースとして「コアツール 故障モード影響解析 新FMEA 概説」をご受講ください。

教育研修に関するお問い合わせ

検索するにはEnterキーまたは矢印キーを押してください 検索するにはEnterキーを押してください

検索アイコン

何をお探しですか?