お使いのブラウザが古いことを検出しました。 特定の機能にアクセスできない場合があります。 ブラウザを更新する

食品安全関連研修

食品安全 PRP/OPRP/CCP 解説

HACCP導入済の組織があらたにISO 22000やFSSC 22000認証取得を目指す場合 PRP、OPRP、CCPの適用が必要です。この研修コースではFSSC 22000審査員講師の懇切丁寧な解説とグループ演習によりPRP、OPRP、CCPの完全理解を目指します。【講義/演習】(NT-POCAPP)

教育研修に関するお問い合わせ

研修後に期待できること

  • 組織の食品安全マネジメントシステムにPRP、OPRP、CCPを適用できる。
  • 食品安全マネジメントシステムのハザード管理プランにおける管理手段及び管理手段の組合わせを適切に評価できる。
  • ISO 22000:2018、FSSC 22000認証取得の準備を始めるための食品安全マネジメントシステムの基盤ができる。

研修の概要

  • PRPとは
  • PRPの適用
  • OPRPとは
  • OPRPの適用
  • CCPとは
  • CCPの適用
  • ハザード管理プラン
  • 管理手段と管理手段の組合わせ
  • 妥当性確認

選択できる受講形態

【公開研修】【臨時公開研修】【講師派遣】

研修の対象者

HACCP事務局・内部監査員・品質管理・品質保証・品質安全・製造・購買担当者など

研修の期間

1日間 (CPD: 6時間35分)

研修の開始・終了時間

 【公開研修】 9:20-17:00

研修の定員

12名

受講料

【公開研修】 1名様 ¥28,000 (税抜き)

教育研修に関するお問い合わせ

検索するにはEnterキーまたは矢印キーを押してください 検索するにはEnterキーを押してください

検索アイコン

何をお探しですか?